ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

エストロゲン
25件の商品がございます
表示件数
並び替え

エストロゲン

エストロゲンとは女性ホルモンの一種です。別名を卵胞ホルモンと言い、女性らしい体つきにする作用があります。女性は恋をすると綺麗になると言いますが、それは本当です。女性は恋をすることによりエストロゲンの分泌が増えます。それにより美肌になることができるのです。また、このエストロゲンには自律神経を整える効果もあります。そしてこのホルモンはもう一つの女性ホルモンである黄体ホルモンとバランスをとってます。通常、黄体ホルモンよりエストロゲンの方の分泌が多く、自律神経をコントロールしています。しかし生理二週間前になるとこのバランスが変わり、黄体ホルモンの分泌が多くなります。この際に体内のホルモンバランスが乱れるため、生理前症候群であるPMSが生じるのです。生理前症候群の症状にはイライラしたり、情緒不安定になる精神的症状があります。これは自律神経を整えるエストロゲンの分泌が減少するためです。また、エストロゲンは妊娠をすると分泌が増えます。それにより子宮内膜を厚くしたり、母乳を作り出したりと妊娠をサポートする作用もあります。 このようにエストロゲンは女性ホルモンの一つであり、女性らしい体つきにする効果や自律神経を整える効果があります。また、妊娠をサポートする効果もあり月経に大きく関係している物質です。

エストロゲンの働き

エストロゲンは女性ホルモンの一つで、オキシトシンの感受性を促進させる働きがあります。月経終了から、排卵前までの間に多く分泌されます。 エストロゲンは、妊娠しやすい身体づくりをサポートしたり、女性らしい身体の曲線を作ったりと、女性らしさを向上させるホルモンと言われています。他にも、骨粗しょう症の予防や、動脈硬化の抑制にもエストロゲンが活躍することが分かっています。 さらに、エストロゲンは自律神経を整え、心と体の安定を助けてくれます。副交感神経と交感神経を交互に調節し、自分の医師ではコントロールできない域を司るのが、自律神経ですが、これが乱れていると、身体のあらゆる部分に不調が起きます。 女性の美しさを引き出す力のあるエストロゲンの、分泌されやすい時期などを記録しておけば、ダイエットや美容の手掛かりになりますよ。

エストロゲンの種類

エストロゲンは、女性ホルモンの1つです、このホルモンの働きによって女性らしい体をつくっているといわれます。 エストロゲンには種類があり、エストロン・エストラジオール・エストリオールの3種類があります。 このどれも、コレステロールが原料となっており、男性ホルモン・DHEAから酵素のはたらきによって女性ホルモンに変換されることでつくられます。 この3つは作用の強さに違いがあります。 エストラジオールが最も強い作用を示します。次にエストロンです。最も弱いのがエストリオールです。強さの違いを分かりやすくしてみると、最も弱いとされるエストリオールを中心にすると、エストロンは12倍、エストラジオールは80倍の強さがあります。

エストロゲンが減少すると…

年齢を重ねると女性は閉経を迎えます。その数年前から卵巣から分泌されるエストロゲンが減少してくることで様々な不調が現れます。それが更年期障害です。更年期障害はのぼせやほてり、倦怠感やうつのような落ち込みや不安感と言った症状が良く知られていますが、エストロゲンが減少すると骨がカルシウムを吸収するスピードが遅くなってしまうので骨粗鬆症や、ホルモンのバランスが崩れることで自律神経失調症になってしまうことがあります。放っておいても自然とエストロゲンの分泌量が増加するわけではないため、更年期障害治療薬を服用することで不足してしまったエストロゲンを外部から取り込むことで様々な不調を軽減する効果が期待できます。

エストロゲンを増やす方法

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは自律神経を整えたり、女性らしい体つきをつくるために必要な物質です。通常は卵胞から分泌されるホルモンですが、何らかの異常が起こると分泌が上手く行われず、体内で不足して様々な不調を起こす切っ掛けとなります。妊娠にも重要な働きを持っていることから、なるべく不足することなくしっかりと補っておくことが需要となります。エストロゲンを増やす方法には、女性としての生活を送ることで可能となっていて、十分な睡眠をする、恋愛をするといったもので分泌され、エストロゲンを含む食事によって過不足なく満たされることが多いです。しかし、何らかの要因によって不足しがちな場合は、病院によるホルモン補充によって治療することも可能です。

ホルモン治療の注意点

ホルモンが通常より少ない場合、人工的にホルモンを摂取するホルモン治療と呼ばれる治療方法があります。この治療方法は簡単で副作用は少ないですが、ホルモン補充療法を受ける際には注意する点がいくつかあります。 女性ホルモンに含まれる成分であるエストロゲンは排卵の準備をするホルモンで生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まります。そのため女性にとってなくてはならない成分ですが、このエストロゲンを過剰摂取すると乳がんや子宮がんのリスクが高まることがわかっています。ホルモン治療はこのエストロゲンを人工的に摂取することになります。そのため乳がん、子宮がんになる可能性がある方はホルモン治療を受ける際に注意が必要であり、必ず治療前にがん検診をうけることをおすすめします。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県