ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

エチニルエストラジオール
47件の商品がございます
表示件数
並び替え

エチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは、不妊症治療や更年期障害のホルモン充填、生理の周期コントロール、避妊薬など多岐にわたって利用されている薬の成分です。 内分泌系ホルモンは、視床下部からの刺激ホルモンによりホルモン分泌がされるのですが、何らかの原因によってエストラジオール値が低下すると、特有の症状を発症するようになります。 エチニルエストラジオールは、正しい知識を持って指定された量を指定された時間に服用すれば、副作用はほとんどないと言われています。 しかし、人為的にホルモンをコントロールする薬ですので、何らかの問題が生じる可能性があることも否定できません。 体内でホルモン血中濃度が一気に高まり、それを代謝させようとするので、肝臓にも負担が大きくかかってしまいますので飲み忘れたからといってまとめて飲むのは危険です。 エチニルエストラジオールの副作用としては、吐き気、頭痛、発熱、湿疹、倦怠感、めまいなどがあります。

エチニルエストラジオールは肝臓で代謝

エチニルエストラジオールは、ホルモン濃度を低下させる働きがあり、がん細胞の増殖を抑えるがん治療、生理周期をコントロールする不妊症治療、ホルモンを補充して更年期障害や避妊薬など多岐に渡って使用される薬です。 服用したエチニルエストラジオールは主に肝臓で代謝され、ホルモン血中濃度が急激に高まりますが、その後は、急激な血中濃度の増加を感知した人体が、ホルモンを急速に抑制(代謝)させようと働き、急激にホルモン血中濃度を下げます。 エチニルエストラジオールは、主に肝臓で代謝されるので、肝機能障害や腎疾患の方は注意が必要です。 また、ホルモンの影響を受けて大きくなる性質がある乳がんや子宮がんには原則、服用が禁止され、血栓性静脈炎や肺塞栓症など血栓の病気のある人も使用ができない場合があります。

不妊症にも効果のあるエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは、主には、前立腺がんや乳がんの治療に用いられてきましたが、不妊治療にも効果を発揮しています。 妊娠には、排卵が正常に行われていることと、良質なホルモンバランスが保たれていることが必要になります。 エチニルエストラジオールには、そのための女性ホルモンを補充する働きがあります。 卵巣の発育を促し、月経周期を整え、妊娠しやすい状態を作ります。 更年期障害や生理不順に対しても、良い影響を与えます。 エチニルエストラジオールによる不妊治療は、薬が備えているホルモン作用によって、体内の秩序に変化を与えることになりますので、医師の指導の元で体調などに十分配慮の上で使用することが大切になります。

不妊治療の段階治療

不妊治療という言葉が知られるようになって、ずいぶん経ちます。 不妊治療は、最初に不妊の原因を調べる検査を行います。 女性の場合は、排卵が定期的に行われているか、子宮の状態は良好かどうか調べます。 排卵に関しては、基礎体温と、実際にエコーを使って内診を行って、卵胞のチェックを行います。 子宮の状態は血液で調べることができます。 男性は精液の量や、運動率を調べていきます。 排卵しづらければ、薬で排卵を促したり、通管と呼ばれる卵管の通りを良くする治療などが行われます。 男性の場合は、投薬などで状況をある程度改善できます。 その後、精液を濃縮させて卵管へ挿入する、人工授精、そして、人工的に授精をさせる体外受精と段階を経ていきます。

不妊治療の保険適応と料金

不妊治療には非常に大きなお金がかかるというイメージが持たれていますが、実際には多くの治療が保険適応の範囲内で行われています。 そのため子供が欲しいと願う若い夫婦が受ける不妊治療の大半は一定の範囲内で何らかの補助を受けることが出来るのです。 しかしながら一定の基準を超えた不妊治療に関しては保険適応やその他の補助金の対象から外れてしまうこともあります。 その様なケースにおいて不妊治療を希望する場合には自費での治療が必要になるでしょう。 この様な選択肢に限って非常に高額な治療費が必要になるという現実が待っているのです。 逆に言えば、この様な状態に進むまでは保険適応を受けたり、地方自治体の補助金など負担を低減する仕組みを活用することが出来るのです。

不妊治療に伴うリスク

不妊治療のリスクはいろいろあります。 まず不妊治療には保険適用にならないケースが多いので、費用が高額になってしまって金銭的に余裕がなくなってしまうというリスクがあります。 また、不妊治療のゴールは妊娠したときになりますから、長い不妊治療が続いていくと、女性の中には、自分を責めてしまったり鬱傾向になってしまうというリスクもあります。 ですから夫は勿論、妻を支えてあげる必要がありますし、まわりの人の理解がとても重要になってくるのです。 とくに追い込むような言動は避けるべきです。 さらに、不妊治療の中にはホルモン剤を注射したり、辛い治療で肉体的に疲弊してしまうこともありますから、ときには治療を休んだりして、体を休めることも必要です。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県