ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

デソゲストレル
10件の商品がございます
表示件数
並び替え

デソゲストレル

デソゲストレルは経口避妊薬のひとつで、少量の卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されていて、排卵を抑制することで受精・妊娠を防ぎます。 1日1錠を毎日一定の時刻に計21日間連続経口服用し、その後7日間休薬することを繰り返し、薬を服用し続けていると適切に生理が起こらなくなります。 服用と休薬期間を繰り返すことで体に負担をかけずに避妊効果を得ることができるのです。 飲み忘れると避妊に失敗する確率が上がってしまいますので、妊娠を希望する場合は服用を中止することで排卵がおこなわれるようになります。 デソゲストレルの特徴として血中のグルコース濃度や脂肪組成に影響を及ぼさないことがあります。 そのため糖尿病や高脂血症の患者でも利用することができます。合成エストロゲン量が他の経口避妊薬よりも少ないため、副作用の体重増加や乳房の圧痛、偏頭痛になる可能性が少ないです。 デソゲストレルの副作用として飲み初めのころ不正出血や吐き気がおきることがあり、また血栓ができやすくなるため血栓性の病気がある場合は使用できません。

デソゲストレル配合のピルの種類

デソゲストレルには、卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されていて、性腺刺激ホルモンの分泌が抑制され、その結果、卵胞が大きくならず、排卵が起こらなくなるので、主に避妊薬として用いられますが、生理痛や生理不順の解消、卵巣がんの予防にも効果があります。 富士製薬のファボワール21やファボワール28、アメリカMSD社のマーベロン21やマーベロン28など、現在市販されている大部分の経口避妊薬には、デソゲストレルが配合されていて、第三世代の経口避妊薬と呼ばれています。 卵胞ホルモンによって悪化する乳がんや子宮がんがある場合は、服用を避けなければならないので、乳がんの既往歴または家族歴がある人は、使用前に検査を行うなど細心の注意が必要となります。 また、ピルには、血栓を作りやすくする性質があるため、狭心症や心筋梗塞など血栓性の病気のある人は服用ができません。

デソゲストレルは一定時刻に服用

デソゲストレルは、女性の避妊薬として利用されています。 卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されており、排卵を抑えて受精の機会をなくします。 デソゲストレルは、生理の周期に合わせた用法をとります。 1日1錠を、毎日一定の時刻に計21日連続して服用します。 その後、7日間は服用を見合わせます。 もし、2日以上の飲み忘れがあった場合は、服用を一旦中止して、次の月経を待ち、そこから再スタートします。 避妊を希望する期間に応じて、同様のパターンを繰り返します。 主目的である避妊以外の作用としては、生理痛の緩和、生理不順の改善、更には卵巣がんの予防効果がありますが、服用にあたっては医師の指示に基づいておこなうことが大切になります。

デソゲストレルをネットで安く購入

経口避妊薬のデソゲストレルは、女性側から避妊ができるのでとても安心できます。 ただ、病院にいき購入するのが恥ずかしいと思う人もいます、 今は、ネット通販でデソゲストレルを安く購入ができる時代です。 ネットなら、顔を合わせることもなく手軽に購入ができます。 そして、医師の処方がないので安く買えると人気があります。 避妊効果だけでなく、生理痛を軽くする作用や生理不順を改善していく作用もあります。 ネットで買うことで、女性でも避妊ができるので予期しない妊娠を予防できます。 1錠あたり、約40円程度で21日間飲むことになり、1ヶ月に換算すると840円程度の負担となります。 ただ、注意事項があるのでキチンと確認をすることです。

デソゲストレルは生理痛緩和にもなる

デソゲストレルは、主には避妊薬として利用されています。 デソゲストレルを服用しますと、体内に、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが補充されます。 これによって、性腺刺激ホルモンの分泌が抑制されて、排卵を起こしにくくします。 黄体ホルモンが活性化されることによって、子宮内膜の活性も強くなることから、不正出血を起こしにくくします。 この働きによって、生理痛や生理不順を解消します。 また、長期的には、卵巣がんの予防効果も期待できます。 少なからず、体内のホルモンバランスに変化を与えることになりますので、生理痛や生理不順の緩和を主目的とする場合は、デソゲストレルを第一選択肢とすべきかどうかについては、あくまで医師の判断に委ねることになります。

デソゲストレルを使用する際は喫煙に注意

デソゲストレルは、ホルモンによる経口避妊薬の一つです。 排卵を抑え受精の機会をなくすタイプの避妊作用が期待でき、子宮内膜や頚管粘膜に対する作用もあります。 血中のグルコース濃度や脂肪組成に影響を及ぼさないため、高脂血症や糖尿病患者でも利用することが可能です。 デソゲストレルは、第二世代と言われる経口避妊薬に比べると合成エストロゲン量が少ないため、体重増加や乳房の圧痛、偏頭痛になる可能性は少ないです。 しかし、35歳以上で1日15本以上の喫煙者の場合には、心筋梗塞などの心血管系の障害が発生しやすくなるとされています。 他にも喫煙や寝たきり、脱水、疲労などにより血栓症のリスクが高まるため、水分を摂り、できるだけ身体を動かすようにします。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県