ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

ノルエチステロン
5件の商品がございます
表示件数
並び替え

ノルエチステロンとは

ノルエチステロンは合成黄体ホルモン(エストラン型プロゲストーゲン)です。体内に吸収されると黄体ホルモン(プロゲステロン)として作用するようになっており、ノルエチステロン単体で黄体ホルモンの補充薬として利用されたり、卵胞ホルモンと組み合わせてピル(経口避妊薬)として利用されることもあります。
なお、黄体ホルモン補充薬として使用する場合には、生理不順、無月経、機能性子宮出血、卵巣機能不全症などホルモンバランスの乱れによって起きる不快な各症状を改善する効果があります。また、服用方法によっては生理(月経)の周期を短縮させたり、延長させたりするなど生理日の調整が可能となっており、目的に合わせて服用期間や服用量を調整するのがポイントとなっています。 中でも注目したいのが黄体機能不全による不妊症に対して効果を発揮する点です。黄体ホルモンを補充することで基礎体温を上昇させて子宮内膜に厚みを持たせる効果をもたらし、妊娠しやすい環境を作る作用があります。子宮内膜の厚みは妊娠と密接な関係があり、厚みを増やすことによって妊娠の可能性をアップさせることからノルエチステロンは不妊症に悩む女性の強い味方となっています。

ノルエチステロンの歴史

"ノルエチステロンの歴史は古く、1951年にピル(経口避妊薬)として開発された世界初のプロゲスチン(プロゲステロン合成製剤)となっています。現在では第三世代までプロゲスチンが開発されていますが、ノルエチステロンは第一世代に属しています。今となっては身近になったピルですが、開発当時は大変画期的な医薬品で、多くの注目を集めました。
後に開発された第二世代、第三世代と比較するとどうしても黄体ホルモン作用は控えめになりますが、男性ホルモン様作用による男性化症状やニキビなどの副作用が少ないことや、既に長年使用されていることで新たな副作用が出現することも可能性が低いことから信頼性の高い成分として今なお世界中の女性に使用されています。

ノルエチステロンの作用機序

生理不順や更年期障害などで苦しんでいる女性は少なくありません。これらの症状は女性ホルモンの働きが関係しているとされており、こういった症状を改善するのがノルエチステロンです。ノルエチステロンは合成黄体ホルモンとなっており、体内に吸収されると黄体ホルモンとして作用することから黄体ホルモン補充薬やプロゲステロン薬とも呼ばれています。
ノルエチステロンにはゴナドトロピンという脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを抑制する効果や、未熟卵胞の成熟を抑制することで排卵や月経を起こさなくする作用があり、黄体ホルモン補充だけでなく生理周期の短縮や延長、機能性子宮出血の改善、無月経、月経困難症、月経周期異常などの症状を改善します。黄体ホルモンが不足したりホルモンバランスが崩れたりすることによって起きる各種症状に対して効果を発揮しますが、引き出したい効果によって服用量や服用期間などが異なります。ノルエチステロンを服用する場合にはその点に留意してご使用ください。
なお、ノルエチステロンには基礎体温を上げたり子宮内膜の厚みを増やして着床しやすくする効果がありますが、微弱ながら卵胞ホルモン様作用と男性ホルモン様作用があるため服用中に妊娠の可能性が発生した場合にはすみやかに服用を中止してください。

ノルエチステロンの効果効能

ノルエチステロンには、黄体ホルモン(プロゲステロン)を補う効果効能があります。ノルエチステロン自体は合成黄体ホルモンですが、体内に吸収されると黄体ホルモンとして作用します。適応症としては無月経、月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経量異常(過少月経、過多月経)、月経困難症、卵巣機能不全症、黄体機能不全による不妊症などが対象となっており、様々な症状に対して改善効果を発揮します。また、服用期間や服用量を調整することによって月経期間を短縮させたり延長させたりすることも可能となっています。

ノルエチステロンとホルモン補充療法

更年期障害や生理不順などの治療としてホルモン補充療法はメジャーであり、女性ホルモンを補充することで更年期特有のホットフラッシュや動悸といった症状の改善や、生理不順改善効果が期待できます。
ホルモン補充療法には様々な方法がありますが、卵胞ホルモン(エストロゲン)には子宮内膜を増殖させる作用があるので黄体ホルモン(プロゲステロン)も同時に投与してバランスをとることが基本となっています。 これは黄体ホルモンが子宮がんなどのリスクを抑える効果があるためです。また黄体ホルモンの一種にノルエチステロンというものがありますが、これは人工的に合成された黄体ホルモンで、低用量ピルの成分でもあります。月経関連の不調や不妊治療などに使われることもあり、その確かな効果と安全性によって1950年代初期から現代に至るまで長期にわたり世界中で使用されています。

ノルエチステロンの注意点

ノルエチステロンは、女性ホルモンを補う薬で、生理のリズムを取り戻す際に使用されます。副作用としては、吐き気、嘔吐、胸の張りや痛みといったものがあげられます。
これらは、服用から2か月~3か月経過すれば自然に治まっていくのであまり心配はいりません。
しかし、めまい、発疹、腹痛といった症状が続く場合や服用前にはなかった気分の落ち込み・倦怠感などがある場合には医師に相談しましょう。また、極稀にアナフィラキシー様症状や肝機能異常といった重篤な副作用が起こる可能性もあります。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県