ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

婦人病治療薬
72件の商品がございます
表示件数
並び替え

婦人病治療薬

「婦人病」とは、女性特有の病気を指し、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸がん、卵巣がん、そして更年期障害などが該当します。 婦人病治療薬が主に用いられるのは、更年期障害の治療です。 更年期障害とは、女性ホルモンの分泌が減り始める45歳から55歳ぐらいまでの時期を指し、ほてりやのぼせ、動悸や冷え性、頭痛、めまいなど、様々な不快な症状が出ます。 更年期障害の治療に用いられる薬は、ホルモン剤や漢方薬、自律神経調整薬があり、ホルモン剤には女性ホルモンが含まれており、女性ホルモン成分を含んだパッチ剤を貼ることで女性ホルモンを体内に投与します。 ただし、長期間の使用によって乳がんのリスクが高くなったり、肝機能に影響を及ぼす可能性があるため、定期検診を行いながら使用していきます。 一方、漢方薬の場合はホルモン剤のようなリスクは低いものの、効果が現れるまでに時間がかかります。

婦人病治療薬に用いられる治療薬とは

婦人病とは、月経不順や更年期障害など、女性だけに、あるいは女性に好発する病気の総称のため、婦人病治療薬といった、婦人病全般に効く万能な薬は存在しません。 多くは女性ホルモンの影響を受けて発症し、治療が困難で長期化すると慢性婦人病となります。 婦人病は、女性ホルモンの影響を受けて発症するので、女性ホルモンに働きかける薬を婦人病治療薬と捉えれば、漢方薬をはじめ多くあります。 婦人病に年齢は関係ありません。加齢によって婦人病のリスクが高まるだけで、初潮を迎えた時点で、婦人病のリスクは始まっています。 女性ホルモンが多すぎるのも、少なすぎるのも問題です。過剰だと、乳癌や子宮体癌などのリスクが高まり、不足だと、動脈硬化や骨粗鬆症などのリスクが高まります。 心身すべて女性ホルモンによってコントロールされているので、最適なホルモンバランスを保つことが、婦人病の予防、治療に重要です。

女性に多い婦人病とは

女性は、女性にしかかかることのない病気である婦人病として多いとされている病気に、子宮頸がん病という病気があり、毎年たくさんの方が命をおとしてしまっています。 これらの女性特有の婦人病のほとんどが早期発見をすることで、助かる可能性がアップする可能性が高くなるために女性は、定期的な診断を行わなければなりませんが、婦人科系の病気の検査をすることをためらっている方も多いといった方が多いのが現状で、検査を受けないが為に、たくさんの方が命をおとしてしまっているという現実があります。 女性がもっと積極的に検査を受けるようにと、女性専用の人間ドックを受け付けている病院が増えてきていて、女性でも安心して検査を受けれるように女性の医師を担当にするなどの配慮を行っている病院も増加してきています。

婦人科検診は定期的に行う

食生活の欧米化に伴い、最近、女性特有のがんが増えています。 2人に1人はがんになるといわれる昨今、定期的に婦人科検診を受診することによって、早期発見、早期治療によってその後の人生を楽しむことも可能です。 婦人科検診といえば大きく言って、子宮がん検診、乳がん検診があります。 子宮がん検診は若いからといって安心ではなく、妊娠できる年齢になったら子宮頸がんの検査を年に1度やったほうがいいと思います。 子宮頸がんは性行為によって罹患することもあります。 検査方法としては子宮の入り口をめんぼうでさわるだけですみます。 なお、不正出血がある場合、半年に1度ぐらいの間隔で経過観察したほうがいいです。 閉経後は子宮大がんの検査も定期的に行い、がんを徹底的に予防しましょう。

婦人科検診の流れ

婦人科検診は若い20代のときは、子宮頸がんの検査、30代を超えてくると乳がん検診をしたほうがいいです。 子宮頸がんの検査は生理中を避けて行い、子宮の入り口をめんぼうでさっとふき取るような検査で、3分もかかりません。 その次に医師がお腹の周辺をさわり、異常なはれや症状がないかを調べます。 40代以上になると子宮の奥のほうを調べる、子宮体がんの検診をあわせて行うといいです。 乳がん検診は30代のときは、エコーで乳房の状態を調べます。ゼリーのようなものを体に塗り、エコーをかけていくので全く痛くありません。 乳房の自己検診でも分からないような小さなしこりを発見するためには、マンモグラフィーというレントゲンの検査が有効です。 板をはさむときに違和感がありますが、まだしこりになっていない早期発見することも可能です。 婦人科検診でがんを早期発見して、健康生活を送りましょう。

婦人科検診の費用

婦人科検診には子宮がんと、乳がん検診を行うのが一般的です。 自治体によっても違いますが市の検診を利用すれば、子宮がん検診も乳がん検診も1000円もかからずに婦人科検診することができると思います。 たとえば乳がん検診ですが、女性であれば月に1度、生理の後、乳房の状態がやわらかくなっているとき乳がんの自己検診をするものです。 そのときに気になる症状があれば、乳腺外来を受診し、診察してもらうこともできます。 その場合、医師による診察、触診が行われたり、エコーをとってしこりの状態を調べることもできます。 あわせてマンモグラフィー利用でレントゲン撮影したとしても、健康保険3割負担で5000円ぐらいで検査できます。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県