ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

生理不順改善
67件の商品がございます
表示件数
並び替え

生理不順改善

正常な生理の場合周期が25日~35日という周期で生理が来ますが、周期に生理が遅れてしまうことや、早まって生理がきてしまうことを生理不順と言います。 生理不順の種類として、頻発月経と稀発月経があります。 頻発月経とは生理周期が24日以内で同じ月に何度も生理が起こることを言います。 また、稀発月経とは生理周期が39日以上であり、年に何回かしか生理が起こらないことを言います。 稀発月経は思春期や更年期の方に多くみられ、治療せずに放置しておくと無月経になることがあるので注意が必要となります。 生理不順の原因として考えられることとして、卵巣の働きが悪いために起こる思春期の生理不順や閉経前に起こる生理不順がありますが、これらは女性ホルモンの分泌が不足することよって不順になってしまいます。 割と多くの見られる原因としては、卵巣機能の低下により女性ホルモンが不足してしまうことです。 通常は脳から卵巣へ女性ホルモンを出しなさいという指令が、卵巣が疲れてしまっていることや多嚢胞性卵巣のような体質的な異常で卵巣が上手く働かなくなってしまうことも、女性ホルモンが足りなくなってしまい生理不順の原因となってしまいます。 また、ストレスや冷え不規則な食事、急激なダイエットなども生理不順の原因となります。 これからを改善するには、子宮を柔らかくすることや規則正しい生活を送ること、身体を冷やさないことなどに注意しましょう。 また、生理不順が改善されない場合にはピルを服用して治療されることも改善の1つです。 改善のために服用されるピルとしては、低用量ピルをお勧めします。

生理不順改善にはピル

生理不順は、卵巣や子宮の機能が不安定になることで、生理周期がずれ、出血量が多かったり少なかったり、出血期間が長かったり、痛みが酷くなるなどの不調が現れます。 若い女性の間では、ダイエットによる生理不順が増えていて、遅れても平気、ない方が楽と考える方がいますが、生理不順には、怖い病気が隠れている場合があり、放置すると卵巣機能が低下し、不妊症になる恐れもあります。 昔の女性に比べ、現代の女性はあまり子供を産まなくなったので、現代女性の生理の回数は昔の女性の10倍と言われ、子宮を酷使しています。 生理不順改善にピルが処方される理由は、ピルによってしばらくの間、排卵を抑制させることで、卵巣が休眠状態になり、休息をすることができるためです。 生理不順改善には、固まった子宮を自由に動くことができるように、体の張りやストレスを緩和することも重要です。

生理不順改善には生活スタイルを変える

不規則な生活を送りがちな若い女性に、生理不順が増えています。 生理不順改善には、まず規則正しい生活を送ることが一番重要です。 3食しっかりと食べ、よく寝てよく運動するのが最も良いことですが、なかなかそれも難しいです。 生理不順改善に効果的なのが、生活スタイルそのものを変えることです。 たとえば夜遅くまで起きていて睡眠不足になったり、朝ごはんを食べないなど基本的な所から見直していけば、少しでも効果はあります。 また常日頃から、ストレスを溜めないということも一番大事です。 それから基礎体温を測る習慣をつけることも、生理不順改善に繋がります。 周期をきっちり自分で把握しておくことで、心の準備が出来ストレスを減らすことが出来ます。

若い世代に多い生理不順の理由

女性にとって、毎月来る事が当然と思われている生理ですが、若い世代には、定期的に生理が来ない生理不順が起こる場合もあります。 10代のうちは、生殖器が未熟で、まだ生理周期が定まっておらず、生理周期が短くなったり、長くなったりする生理不順が起こります。また、成長期でもあるので、貧血などによる生理不順も珍しくありません。 成人すると、生活習慣の乱れや、ストレスの影響からホルモンバランスを崩してしまい、何ヶ月も生理が止まってしまったり、逆に生理が長く続く場合があります。 Qこのような場合には、病気などのサインかもしれないので、早めに婦人科などを受診した方が良いです。また、食生活などを見直し改善する事も必要です。

生理不順から起こる病

女性の体はとてもデリケートにできているのでちょっとしたストレスを受けたり、無理なダイエットをして体に負担がかかると生理不順になることはよくあることです。 大概最初の生理から、次の生理までの期間が28日~39日以内の間隔で生理があれば正常です。 しかしその枠を超えて、早く生理がきたとか、3か月もたっても生理がこない生理不順が起こった場合、様々な病気が考えられます。 特に怖いのが40代後半の女性で、閉経なのかな?または閉経後に生理のような出血があった場合です。 不正出血も様々な病気である可能性もあるのですが、恐ろしいのががんです。 生理不順だと周期はあてになりませんし、がんも生理のような出血をすることがあるからです。

女性ホルモンが低下する年齢

女性ホルモンは年齢を重ねる毎に少しずつその分泌量が減ってきます。 ある一定の年齢に達したら無くなるというわけではなく徐々に減っていきますから、年齢は決まっていません。 しかし女性ホルモンの低下によって発症する更年期障害は40代後半から50代に掛けての年齢が多いわけですから、この更年期が低下し始める年齢と考えて良いでしょう。 一度更年期で女性ホルモンの分泌状態が悪くなるとそれを元の状態に戻すのはなかなか難しいものです。 ですから、この年代に差し掛かる前に事前の対処として、大豆やその他の豆類などをたくさん摂取してホルモンバランスを整える食事や運動などを生活に取り入れるなどの努力が必要になってくるでしょう。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県