ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

生理(月経)
5件の商品がございます
表示件数
並び替え

生理(月経)とは

生理とは、子宮から毎月周期的に起きる出血のことです。正確には「生理的出血」を意味し、医学用語では「月経」と呼びます。
思春期を迎えた女性に起きるようになっており、初めての生理である「初潮」を迎える年齢は日本人の場合だと平均でおよそ12歳となっています。身長や身体の発育状態によって個人差がありますが10歳~16歳までの間に初潮を迎えるのが一般的です。
女性の身体は一定期間内に妊娠が成立しなかった場合、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少し、いらなくなった子宮内膜が剥がれ落ち血液と一緒に排出されるようになっています。これが生理です。
なお、生理の周期などは女性ホルモンによってコントロールされており、女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が深く関わっています。加齢や生活習慣、精神的なストレス、ダイエットなどの影響により分泌量が減少するとホルモンバランスが乱れてしまい、無月経や月経量異常、生理不順など様々な症状の原因となります。その中でも特に気を付けたいのが卵巣機能不全による月経周期の乱れです。卵巣機能不全とは、卵巣機能が低下することで女性ホルモンのバランスが乱れ、月経周期の乱れや排卵障害が起きる症状を指します。これらの症状が長期的に続くと不妊の原因となる可能性もありますので、年齢に関わらず生理に関する不調が継続する場合には医師の診察を受けるようにしましょう。

生理不順(月経不順)はなぜ起きるのか

正常な女性の場合、生理の期間はおよそ3日~7日程度となっており、25日~38日程度の月経周期で生理が繰り返されるとされています。このように正常な月経周期とは異なるサイクルで月経が来た場合は生理不順(月経不順)となります。個人差はありますが生理不順の場合はだいたい24日以内に来る方や39日以上来ない方などが対象です。
大きなストレスや過剰なダイエットによる急激な体重の減少、激しすぎる運動などで身体に大きな負担がかかった場合には自律神経が乱れ生理不順が起きやすくなります。この場合は軽度な状態であれば、しっかりと身体を休ませたり、リラックスする事によって正常な状態に戻す事が可能です。しかし症状が長引き進行してしまうと続発性無月経や様々な病気を引き起こす可能性もございますので注意が必要です。
また、卵巣の病気などによって女性ホルモンの分泌が減少することも生理不順の原因となります。
身体が成長段階にある思春期の方や更年期の方は、ホルモンのバランスが安定しない事やホルモンの分泌量自体が減少してしまうため生理不順(月経不順)になりやすくなってしまいますが、身体に異常が感じられない程度であればさほど心配をされなくても大丈夫です。

生理(月経)と月経困難症

生理(月経)期間中に、下腹部痛や腰痛などの生理痛のほか、吐き気や頭痛、いらいらなどの症状が起こることがあります。日常生活に困難をきたすほどの症状は「月経困難症」とされており、大きく分けて機能性月経困難症(原発性月経困難症)と器質性月経困難症(続発性月経困難症)の2種類に分けられます。
機能性月経困難症は、何かの病気があるわけでもないのに月経困難症を起こしている場合で、はっきりした原因はわかっていませんがプロスタグランジンという物質の過剰分泌が原因ではないかと考えられています。月経困難症の大半がこちらに属します。
また、器質性月経困難症は、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などの疾患が原因となって起こります。あまりにひどい痛みや、経血量の多い方、増えてきた方などはこれらの病気になっている可能性があるため、早めに医師へ相談しましょう。

月経困難症の治療

月経困難症は生理(月経)に伴って下腹部や腰部などにひどい痛みが現れたり、吐き気や下痢、頭痛など日常生活に支障をきたす症状を指します。
月経困難症には機能性月経困難症(原発性月経困難症)と器質性月経困難症(続発性月経困難症)の2種類があり、それぞれに適した治療が提供されています。
なお、子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患が月経困難症の原因とされる場合には、これらの病気を根本的に治療する必要があります。鎮痛剤を飲んでも効かないほどの生理痛を感じる場合には、医師へ相談されることをおすすめします。

生理(月経)と月経前症候群

生理(月経)が始まる約2週間前から、身体や精神にさまざまな症状が現れる状態を「月経前症候群」と呼びます。PMS(Premenstrual Syndrome)とも呼ばれ、身体面では眠気やにきび、頭痛、むくみ、便秘などの症状が現れます。また、精神面では集中力の低下や気分の落ち込み、無気力感、イライラなどの症状が現れるとされており、生理が始まると自然に症状が治まったり軽快するのが特徴となっています。
この月経前症候群が現れる女性はおよそ50%~80%とされており、症状が現れる原因としてははっきりと断定されていないものの、黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響によって心身のバランスが崩れることが要因と考えられています。
なお、日常生活に支障をきたすほどの症状が出る場合には低用量ピルでホルモンバランスを調整するのが有効とされています。

生理(月経)と月経異常

月経異常とは、無月経、月経周期異常(頻発月経、稀発月経、続発性無月経)、月経困難症、早発月経、遅発月経、月経量異常(過少月経、過多月経)、月経持続期間の異常など正常な生理(月経)の範囲を逸脱した症状を指します。
月経異常には大きな病気が要因となっている可能性があるため、いずれかの症状に該当する場合は診察を受けることが推奨されています。根本的な治療を行うことが月経異常の症状を改善する重要なポイントです。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県