ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

生理痛緩和
67件の商品がございます
表示件数
並び替え

生理痛緩和

女性は子供を産む体になると生理が始まります。年齢は決まっておらず様々です。 生理が始まると、血が出る以外にもホルモンバランスが乱れてしまい、無償にイライラしたりと精神面にも症状として出てきます。 また、1番辛いのが生理痛で、腹部や子宮周辺に腹痛のような痛みを伴います。 その痛みの程度は個人差があり、全く痛みがない方や酷い場合は病院に行かなければならない方もおられます。 この生理痛緩和をする為には、生理痛の痛み止めを飲んで様子を見られる方もたくさんおられます。 日常的に出来る事では、カイロなどで腹部や腰を温めたり、温かい飲み物を飲むなどがあります。 その人の生理痛の痛みにより異なりますが、生理痛緩和をするうえで大切な事は体を冷やさない事であるといえます。 また、婦人科では生理痛を和らげる漢方薬などを処方して頂けます。 生理痛で苦しんでおられる方はたくさんいると思いますが、このように痛みを緩和する方法はいろいろあるのです。

生理痛緩和には低用量ピル

ピルといえば、副作用があって、太ったり、妊娠しない体になるなどの噂がありました。しかし、そのような副作用があったのは昔のことで、最近は副作用はほとんどなく、むしろ得られるメリットのほうが大きいです。 低用量ピルを利用することで、避妊・PMS(月経前症候群)を和らげる・生理痛緩和・生理周期を安定させる・卵巣がんや子宮体がんの発生率を減らす・肌がきれいになる・子宮内膜症の予防改善などのメリットが生まれます。 副作用としては、慣れるまでは吐き気やだるさなどの症状がでるようですが、これは1,2週間ほどでおさまります。 生理痛がひどくて悩んでいる人には、低用量ピルでの生理痛緩和がお勧めです。利用の際は、医師の診断を受けて適切に処方してもらうことが大切です。

女性ホルモンの安定で生理痛緩和

タイトルの通り、生理痛緩和に女性ホルモンの安定は多いに有効です。 頭痛や胃痛、乳房痛といった、生理前に起きやすい痛みは女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」の分泌量が急激に変化することが原因とされています。 また、生理が始まると起こる下腹部痛は、経血を排出するために作られる物質の副作用ですから、女性ホルモンバランスが悪く排出する経血量が多くなると痛みも増えやすくなります。 したがって、女性ホルモンが安定すると生理痛緩和につながるといえるのです。 生理というのは女性ホルモンの急激な変化によっておこるものです。 今より昔のほうが初経も遅かったですし、複数人子供を産むために妊娠期間が長く、生理によるホルモン変化は少なかったはずです。 女性ホルモンの安定は現代女性の身体にとってとても重要なのかもしれません。

生理痛を和らげるための成分

生理痛は女性にとって本当につらいものですが、上手く付き合っていくことで大分楽になることがあります。 リラックス効果のあるハーブティーや、身体を温める効果のある生姜湯などを飲んで身体全体を温めることでも、大分痛みは違います。 他に大豆に多く含まれるイソフラボン、ごまやかぼちゃなどに含まれているビタミンEも生理痛を和らげる効果があります。 冷え性がある場合は、身体を温めることがまず大事です。 また青魚やレバー、ひじきと言った血液を綺麗にする成分、貧血になりやすいので鉄分を多く含んだ食事を意識的に摂ることでも効果があります。 生理痛はつらいものですが、普段の食事に意識を向けて効果的な成分を摂取するだけでも、痛みを和らげることが出来ます。

生理痛を和らげるツボマッサージ

生理痛が起こる原因は人によっても多少違いがありますが、子宮内で膜が剥がれおちる時に刺激が加わり圧迫されて痛みを感じるというのが全ての女性に共通している原因と言えます。 また、子宮の周辺に血液が溜まり圧迫されている状態ですから、その部分の血流を分散させて流れを良くする事で多少生理痛が改善します。 その為、直接子宮に近い部分のツボを刺激するのが即効性が高く、良い方法と言えます。 子宮は逆三角形になっていますが、この底辺の二か所にあたる部分を優しく刺激します。 肩こりなどと違いあまり強い刺激を与えると逆効果になりますから、力加減に注意する事が最も重要と言えるでしょう。 その部分をゆっくり2~3回押す事によって多少痛みが和らぐ可能性があります。

生活習慣と生理の関係とは

生活習慣は生理痛や生理不順と大きく関係しています。ストレスが多かったり睡眠不足だったりすれば生理にもよくありませんし、逆に生活習慣を整えることで、生理のお悩みを楽にできます。 例えばストレスが多いと脳が疲労してしまい、スムーズな生理のために欠かせないホルモンの分泌がおかしくなってしまいます。 また、ストレスが多かったり、睡眠が不足したりしますと、交感神経が過緊張になり、血管が収縮します。その結果体の冷えを招きます。 冷えは子宮を冷やしてしまいますし、血流も悪くなりますから、これも生理痛などの原因となります。 対策としては、体を冷やすような服装は避ける、冷たいものを食べ過ぎない、リラックスをする、睡眠をしっかり取るなどの方法がおすすめです。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県