ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

避妊ピル
72件の商品がございます
表示件数
並び替え

避妊ピル

予想外の妊娠が多い日本の女性に、自分の意思で妊娠をコントロール出来るのが避妊ピルです。 毎日ほぼ同じ時間にピルを飲み続けることで、ほぼ確実に避妊が出来ます。 毎日必ず忘れずに飲まなくてはいけないので、携帯のアラームをセットしたりすると良いでしょう。 避妊ピルを購入するには、市販薬のように薬局で買うことは出来ず、必ず医師の処方箋が必要です。 費用は健康保険が適用されないので自費になりますが、大体の薬代は3,000円程度で診察や検査費用もかかります。 副作用はほとんどありませんが、確実な避妊効果以外のメリットとしては、生理痛の軽減や月経の周期が規則正しくなることや、ニキビや肌荒れの改善と病気への予防にも効果があることです。 これはピルの男性ホルモンを抑える作用や排卵前後のホルモンの変動がなくなること、卵巣の損傷が減ることなどが影響しているようです。 飲み始める際には必ず用量や注意事項を守って、正しく服用するようにしましょう。

避妊ピルの特徴

日本では、避妊方法として男子のコンドームの使用が一般的ですが、世界的には女性が自分の身を守るために出来る方法として、避妊ピルを服用していることが多いのです。 低用量ピルでは、28日間を1周期として考え、21日間飲み続けるものと28日間飲み続けるものがあります。また、生理の初日から服用を始める場合と生理が始まって初めの日曜から飲みはじめるものがあります。 避妊ピルを飲むことで、ホルモン量を調節して妊娠をしているように体に思い込ませ、排卵を抑えるために妊娠しないという仕組みなのです。飲みはじめでは、少し気分が悪くなるなどの副作用もありますが、徐々に慣れていきます。 産婦人科などで診察を受けて、処方してもらう薬です。

避妊ピルに避妊効果の確率

ピルは、女性の生理周期を整えて、生理に関係するトラブルの治療に使用される事もありますが、やはり避妊ピルのイメージが強いです。 避妊目的で服用する場合、その効果を目で見て実感する事はできないので、処方時に受けた説明通りに、正しく服用しなければなりません。 例えば、毎日決まった時間に服用しなければなりません。 避妊ピルの種類によって、一度服用し忘れた場合の対処法は様々なので、事前に対処法を確認しておくか、婦人科の医師に確認しておくと安心です。 医師の指示通りに服用していれば、避妊の効果は非常に高いです。 また、性行為後に服用するアフター避妊ピルも、同様に高確率での避妊が可能です。 他の避妊方法とは違い、毎日の正しい服用と避妊効果が深く関係しています。

避妊が大切なわけ

妊娠をすると言うことは新しい生命の誕生であり、素敵なことですが、必ずしもそうではありません。性行為をする際に、妊娠しないようにするために避妊をすることもあるでしょう。 大事なのは、なぜ避妊をしなければならないか、その大切さを理解することです。 もし望まない妊娠をした場合、出産せずに中絶といった手段をとることがありますが、これは、体内での事といえど、命を奪ってしまうことになります。 また、こういった手術は女性の体を傷つけることにもなりますし、手術を行うことで、その後、妊娠しにくくなるといったこともあります。 このように、精神的にも肉体的にも傷ついてしまうことになりますから、避妊することが大切と言えます。

避妊することで性病感染を防げる

避妊をする、と言っても予期せぬ妊娠をしないためだけ行うことではありません。自らの命を守るためでもあります。 男性が行う避妊行為の一つにコンドームがありますが、尿道内からが主な感染症の性器クラミジアや淋病、トリコモナスなどに関してはコンドームを着用していればある程度防げます。 そして万が一にも自分が性感染症にかかっていた際、パートナーを守る意味でもコンドームでの避妊は絶対的に必要になりますので、自身の快楽への欲求におぼれて避妊を行わず、一つ常識として避妊はしっかりと行いましょう。 万が一かかってしまった場合にはそれを隠さず、早期発見、早期治療をしっかりと行い、パートナーの不安をなくしてあげるのが大事です。

色々な避妊方法

人間と言うのは、妊娠を望まない性行為をすることもあるもので、そういった時に必要なことと言えば避妊ですが、問題はどういった方法で避妊をするかです。 避妊方法には色々な物がありますから、自分が良いと思うものを選択すると良いでしょう。 例えば、代表的な方法と言えばコンドームです。非常に避妊率の高いアイテムですが、傷つけて破けないよう、取り扱いの際には十分注意が必要です。 また、基礎体温法という避妊方法もあります。体温には、低温相と高温相というものがあり、その状態の違いで排卵期などがわかり、避妊に役立てられるのです。ただし、毎日体温を測らなければならないため手間がかかります。 シンプルな方法ですと、毎月生理の日をチェックしておくと言うのも一つの手です。 安定して整理がくる人は30日、31日など、周期が一定ですから排卵期も見極めやすくなります。 なお、複数の方法を併用すると強化できますから、それも良い方法です。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県