ピル@通販

ピル@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

黄体ホルモン(プロゲステロン)
5件の商品がございます
表示件数
並び替え

黄体ホルモンとは

黄体ホルモンは別名プロゲステロンと呼ばれ、女性にとっては欠かすことのできないホルモンの一つです。女性は生理を軸に妊娠するための機能が働いており、排卵後は黄体ホルモンの分泌が活発化するようになっています。黄体ホルモンが増えると、基礎体温が上がり、さらに子宮内膜に厚みが増えて受精卵が着床しやすい状態になります。妊娠するための体内環境を整えるという非常に重要な役割を担っており、妊娠を助けるホルモンとして注目されています。
また、黄体ホルモンは生まれてくる赤ちゃんへ授乳しやすいように乳腺の発達を促す作用があり、生理前に胸が張る感覚があるのはこの黄体ホルモンの分泌が影響しています。妊娠していない場合には黄体ホルモンの分泌は約2週間で低下し、生理が始まるというサイクルになりますが、妊娠している場合にはその後さらに増加していくことになります。逆に、この黄体ホルモンが妊娠中に不足してしまうと妊娠継続が難しくなり、流産を引き起こしてしまう可能性も出てきます。黄体ホルモンの分泌が正常に行われるように、普段から栄養バランスを整えた食生活や、適度な運動、ストレスをためないライフスタイルなどを心がけることが大切です。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの違い

女性らしい身体つきの維持や女性特有の現象には女性ホルモンが大きく関係しています。女性ホルモンはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの総称です。 この2つはそれぞれ女性にとって重要な働きをしているのですが、基本的なことや違いなどを知っている方は多くありません。将来の妊娠や出産、あるいは毎月の生理などについて知識を深めるために、まずは女性ホルモンについての基本的なことを知っておきましょう。
卵胞ホルモン(エストロゲン)は、主に女性の妊娠準備をサポートしたり女性らしい身体を作る働きがあります。
もう一方の黄体ホルモン(プロゲステロン)は、妊娠しやすい状態を健康的に維持したり、妊娠中に胎児へ栄養を送りやすくしたりする働きがあります。この2つの女性ホルモンが適切に機能することで女性の健康が守られていると言えるほど重要なホルモンとなっており、逆に言えば、この2つの女性ホルモンが乱れると生理不順や自律神経失調症など様々な身体の不調が起きます。
なお、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量は基本的に年齢や閉経によって減少していくものとなっていますが、閉経前の女性でもストレスや生活習慣によっては分泌量が変動するとされています。特に妊娠を希望する方や生理でお悩みの方は、ホルモンバランスに注意すると良いでしょう。

黄体ホルモンの作用

黄体ホルモン(プロゲステロン)には妊娠しやすいように子宮内の状態を整える作用があり、基礎体温を高める働きと子宮内膜に厚みをもたせる働きによって受精卵が子宮内膜に着床しやすいようにします。
妊娠と子宮内膜の厚みには非常に深い関係があり、子宮内膜の厚さがあると妊娠の可能性が高まり、逆に薄いと不妊の原因になる(基本的には子宮内膜の厚みが6mm以下の場合は、ほぼ妊娠が期待できない)とされています。
通常は排卵が近づくにつれて厚みが増えていき、8mm以上の厚みになることで妊娠しやすくなるように変化しますが、黄体ホルモンが正常に分泌されているかが重要なポイントとなっています。妊娠を希望する方にとっては大変重要なホルモンとなっており、分泌量が足りない場合にはホルモン補充療法などを行う場合もあります。

黄体ホルモンの分泌時期

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後に卵巣で作られる女性ホルモンの一種です。女性の生理周期は大きく分けると月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の4つに分類することができます。
月経期とは生理中のことでおよそ3~7日間の期間が対象となります。卵胞期は月経の後に子宮内膜が厚くなり排卵に向けて卵胞が発育し始める期間のことです。排卵期はその名の通り、排卵が起きる時期のことを指します。最後に、黄体期は排卵期後の約2週間ほどの期間で黄体ホルモンが分泌される期間を示します。黄体ホルモンの分泌量の変化は次の生理が始まるまで増え続け、妊娠しなかった場合は減少するというサイクルを繰り返します。

黄体ホルモンが不足すると…

黄体ホルモン(プロゲステロン)が不足すると頻発月経や不正出血、生理不順、不妊症、流産などを引き起こす原因となります。この症状は黄体機能不全とも呼ばれ、健康なホルモンバランスを保ちたい方や妊娠を望む女性にとって深刻な問題となっています。
黄体機能不全の原因は現在研究中となっていますが、大きく分けて3つの要因があると考えられています。一つ目は、脳から分泌される卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌量が低下していること、二つ目は黄体ホルモンに対して子宮内膜の感受性が低く、黄体ホルモン自体の分泌量は正常でもそれに対して子宮内膜が正常な反応をせず厚みが増え無いこと、そして3つ目は卵胞発育不全や多嚢胞性卵巣症候群などの疾患により黄体ホルモンの分泌が妨害されていることです。
このように、もし黄体ホルモンの不足が疾患によるものであれば根本的な治療を行いましょう。疾患が特に無いにも関わらず黄体ホルモンが不足している場合にはホルモン補充薬や排卵誘発剤などを用いて治療を行うのが一般的です。

黄体ホルモンを増やすには

黄体ホルモンの分泌を阻害するような疾患が無いにも関わらず、黄体ホルモンが不足している場合には食べ物や医薬品で補うことができます。
食べ物で補う場合には、ビタミンEを含有する食品が効果的とされております。代表的なものだと以下のような食べ物がおすすめです。

・アーモンドや落花生、ヘーゼルナッツなどの種実類
・かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、アボカド、モロヘイヤ、赤ピーマンなどの野菜類
・アユやハマチなどの魚介類
・ひまわり油やコーン油などの油脂類

また、ビタミンEを含む食品とビタミンCを含む食品を一緒に摂取すると相乗効果により抗酸化パワーが高まります。医薬品で黄体ホルモンを補う場合には、ノルエチステロンなど合成黄体ホルモンを含有したホルモン補充薬で補充療法を行うことが可能です。補充方法には注射で直接体内にホルモンを補充するものや、錠剤やカプセルなど経口服用するタイプの物、パッチタイプで肌表面から取り入れるものなど様々な形態があります。自分に合った方法で黄体ホルモンを補い、健やかなホルモンバランスを目指しましょう。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県